いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

薪割り

一流のもの 屑だって立派 The leading one  Good even scrap

8月28日(日)のことです。 先日神戸に行ったという友達からお土産を貰っていたんですが そのラスクを10時の休憩にコーヒーと共に頂きました

薪の片付けから 昼休みに積む Storing firewood on the shelf

8月28日(日)のことです。 先週薪割りして以来 今度は雨がよく降る様になり 仕舞いそこねた薪割り機に掛けたブルーシートが役に立った様です

色々としなくちゃ 合間の仕事 Want to do many things

8月21日(日)のことです。 天気が良いので午前中に準備だけしといて 実際割るのは午後の日陰ができてから そんなつもりで

薪棚 ここが満杯になるのは Firewood rack When will it get filled

8月7日(日)のことです。 薪棚をみて 久々に薪割りをしたいと思いました 後何回、どれくらい割れば満杯になるかな

薪棚が埋まりました 使うのは再来年の冬 Firewood rack is now in full I'll use them in the year after next winter

7月16日(土)のことです。 やっと小さな薪棚が埋まりました。 何でも少しずつ積み重ねていけばいつかは山になる

圧力ってどれくらい これくらい減った How much does it put pressure

7月6日(水)のことです。 休みの日には兎に角 薪割りをしたい そう思うのでありまして 余り時間無いし止めようかな 今日は と思いましたが

薪割りの片付けから これが最高 Organizing chopping wood This is the best

7月6日(水)のことです。 この日は振り休でした。まずは前回の薪割りの片付けから ぼちぼち身体を動かしていく休日行動作戦

休みの日には必ずしたいこと 休憩は枇杷種アップルビネガードリンク That want to do surely in holiday

7月3日(日)のことです。 雨でなければ休みの日には必ずしたいこと 少しでも前に進めたいことがあります

339XPを発送 強制退去 Shipping the 339XP Forced displacement

6月12日(日)のことです。 いつでも修理に出せる状況だったのに送らなかったのは 手頃なサイズのダンボール箱が無かったのにどっからも貰っても来なかったから

薪割り機での薪割り 約1時間の成果 Splitting wood by the machine Results of about one hour

6月5日(日)のことです。 いよいよ薪割り機での薪割りをすることにしました どんどん割ってこの玉切りの山を無くして

玉切り いつでも送れる Cutting wood small At any time I can send to repair my 339xp

5月29日(日)のことです。 私は草刈りが余り好きではありません はっきり言って ですからこんなことになるのですが

ノルマ? の為に進めておく Quota? Keep doing for

5月22日(日)のことです。 赤土粘土 このところの晴天続きで 水分が抜けたのか ずいぶん固くなっていました

玉切り まだまだ残っている Wood cutting Still left

5月8日(日)のことです。 チェンソーを修理に出さなきゃいけないけど 出せば玉切りができず 薪割りが遅れることになる

何かおかしいぞ このチェンソー 薪割り機の威力 Something abnormal This chain saw The power of firewood splitting machine

5月6日(金)のことです。 チェンソーもしっかりメンテしたし これらをどんどん玉切って 薪にしてやるぞー

薪割りの一日 運ぶのはネコ The day of wood splitting It is a neko to carry firewood

5月6日(金)のことです。 暇さえ有れば薪割りをする これが私の休日のルーティンワーク 兎にも角にもたくさん有る原木を全て割るまで終わることは無い

薪作り ほそぼそでした Firewood making Only a little

4月24日(日)のことです。 薪割り機での薪割りも出来る様になったのですが やはり細い木は斧で割る方が効率も良いし

どんどん増える貯まる 早く割らねば Rapidly they accumulate and increase I must split the firewood early

4月10日(日)のことです。 薪割りしてない それれなのに原木貰ってくるから どんどん増える貯まる だけど

薪割り機 本体はイタリア製 理想の高さは Firewood splitting machine Body is made in Italy

4月9日(土)のことです。 薪ストーブ、薪作り仲間の友人と今年最後の山行きの日です ただし伐木して即シイタケのホダ木を作るのが目的ですが。

薪の取り込み 今年最後なのかな 屑薪やね Taking in firewood it will be the last in this year Roof of waste firewood 

3月27日(日)のことです。 薪の取り込みをしました。 もう3月の末だし そんなにたくさんは必要無かろう

今日は申し訳程度 薪割り Only a few today Log splitting

3月6日(日)のことです。 今日は昨日ほど天気が良い訳では無い というより雨が降る予報 いつ降ってもおかしくは無い

危機一髪セーフ 薪割り Close call Safe Chopping wood

2月28日(日)のことです。 この日もコツコツと薪割りをしました。 がその前にごちゃごちゃとしたこの小枝の整理を行ないまして

越冬中あれこれ や~ね~ During overwintering various I'm sorry to say

2月28日(日)のことです。 この日最初の日課 薪の取り込みに掛かりました。 まずは屑薪の方から こちらもだいぶ袋の中が減りました 好い調子。

雨の日には薪割りを chopping the wood on the rainy day

2月14日(日)のことです。 雨の日でも週に一度は薪の取り込みだけは欠かせない 薪の量もだいぶ少なくなってきたが

不思議な経験 A strange experience

2月14日(日)のことです。 サン婆ーちゃんの左前足が凹みました 珍しい今時 と思い パンクしたつもりだったので タイヤを水に浸け

8月には空にしたいなあ 薪割り I hope I can empty there in August Chopping wood

2月7日(日)のことです。 薪割りもいつまでも休んでいられない そう思って枝的な細い物を割り始めましたが

薪も積もれば Firewood piled up make me...

2月7日(日)のことです。 一日に何度でもやります やれる時は どんどんやります 天気が好いと気分も好くなり 好循環 くもりや雨ではねえ

できることをできるだけする それだけ もう欲張らない I'll do as little as possible No more greedy

2月7日(日)のことです。 梅の花のお話があちらこちらで聞かれますが 我が家の梅はまだこんなつぼみ

薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録 その第5話(最終回)Construction of the wood splitting hut and woodshed  Episode 5(the last)

3年前のことです。 薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録 その第5話(最終回) 20日目で5月11日になりました。(2013年)

薪割り小屋兼薪小屋建設 第4話 すっかり春に  Construction of the wood splitting hut and woodshed  Episode 4 completely in the spring

3年前のことです。 薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録 その第4話 14日目です 3月31日になりました。(2013年)

小枝 役に立つやつだ 薪割り Twigs Useful guy! Chopping wood

1月30日(土)のことです。 最近本業の仕事が忙しくなり 今までしっかり週休二日を楽しんでいたのに

たくさんの竹を使って 薪割り小屋兼薪小屋を by using a lot of bamboo wood splitting hut and woodshed

3年前のことです。 薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録 その三回目

一人作業 勿体無い 薪割り小屋兼薪小屋 working alone mottainai wood splitting hut and woodshed

3年前のことです。 薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録 その二回目

薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の様子(1) Construction of the wood splitting hut and woodshed

3年位前の話になりますが 薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の様子を まとめてみました。

結局は集中力とみた 大寒の日の薪割り Concentration is most important after all Makiwari on the coldest day in winter

1月24日(日)のことです。 本日 大寒 久々のマイナス4℃な気温の日 それってどんな感じかというと

雨で無いのが幸いです 外仕事が出来る Am happy that not rain I can work outside

1月24日(日)のことです。 久々に寒波の雪の朝になりました。 急にマイナス4℃なのでビックリですが

伐倒木 玉切り完了 The harvesting fallen tree wood cutting completed

1月17日(日)のことです。 我が家くらいかな 近所でこんなことをしているのは 我が家では定番の冬の風物詩

目立て 教えを乞いたい  Please teach me toothing

1月17日(日)のことです。 午前中に玉切った時のこと 久しぶりに目立てをしておこうかなと ケヤキの少し乾燥が進んだ木を切った時に粉々しいと思ったので

休日のルーティン the routine work on holiday

1月17日(日)のことです。 15時(午後3時)頃から雨になるという天気予報 ということは ほぼ食後は雨になると思っておいた方が無難

必須作業と必須アイテム Indispensable work and Necessary item

1月11日(月)のことです。 兎にも角にも 薪割りは必須作業 今まで長らくやらなかったから余計に

防振手袋の補修 指ぬきがポイント repairing the vibration isolating glove

1月11日(月)のことです。 チェンソーを使う時には普通の皮手袋ではなく 防振手袋 というものを使い チェンソーの振動による

身の程を知る 伐木引取り I knew my own abilities taking up the logging

1月10日(日)のことです。 昼食後はあそこへ行こうと決めていて 神社の駐車場にサン婆ーちゃんを停めて外に出たら

定位置 Fixed position

1月10日(日)のことです。 いつも有るべきところに物が無いというのは 何か不安な気がするものですが

乾燥の為にはここまで割っておく必要有り In order to sufficiently dry it is necessary to divide up this state

去年のホンの年末12月31日(木)のことです。 仕事の都合上どうしても30日まで仕事となり 年末の休みが一日しか取れませんでした 残念

久しぶりの薪割りです firewood splitting after a long time

12月27日(日)のことです。 天気予報は雨だったのですが朝の内は何とかもちそうだったので 先日途中で終わりにしていたナメコの防風ハウス 続きを行ないました。

お客様として As a guest

12月20日(日)のことです。 山へトレッキング の帰りに親戚のうちに寄って来ました 先日柿の木を切ったらしく 要ればどうぞ ってことだったので。

目一杯積み込んで Loading packed

10月12日(月)のことです。 雨が続いていましたが午後には雨も上がり 何とか伐木引取りの最終回にできそうな気配なので

ケヤキのスライス加工後 次の構想は The next vision after slicing of zelkova

10月12日(月)のことです。 ケヤキのスライスしていた作業と 本日のこのゴミ置き場周辺の整理には

ケヤキ スライス終了 こっちの移動方法も考えないと finished slicing the zelkova It must be considered how to move

10月11日(日)のことです。 やはりこいつをスライスしてしまうのが一番先だという 結論になりました。

降ろすだけで精一杯 Timeout at unloading

10月10日(土)のことです。 伐木引取り 2回目 行きました。 疲れました 今日は ぐったりです。

一人作業だから工夫をしないとね One person work is necessary to devise

10月4日(日)のことです。 この方 一人で作業中 毎年ハデ干し(自然乾燥)の米を少しだけ作っていらっしゃいます。 例の伐木引取りのところへ行って来ました