いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

製作

生姜の土寄せ 畝止め 

10月11日(日)のことです。 生姜の根元を見ていたら、少し生姜が出ている様に見えたので土寄せをしておくことにしました。収穫まで後一か月位は有るでしょうから、まだ土寄せの必要は有るでしょ

中断していた畝作り 耕すことはせず Field making that has been interrupted

10月11日(日)のことです。 両端の材料が無くて中断していた畝作りですが、このままでは格好が付かないので 早く何とかしたいと、親戚を頼ることにしました。造園屋さんです。

生姜畑作りのその2 両端の材料 Making a ginger field Ⅱ

10月4日(日)のことです。 来年用の生姜畑作りのその2です。一般的に畝幅は90cmくらいで作ることが多い様なので、自分でも今まではそうして来ました。今回のこの畝は少し広くしようかな?

恒久的な畝 スモモの木の下の仲間

10月3日(土)のことです。 今年初めて生姜作りが上手く行きそうな気配がしていますので、それに気を良くして 来年も作りたいと思っています。ですが、それには畑を用意しないといけません。

肉を焼く 実感 Grilling meat

9月19日(土)のことです。 ステラちゃんのメンテも楽しいのですが、この日は例の土曜日ということで 焼肉の準備に時間が掛かるので、メンテも早々に引き上げて肉を焼くことにしました。

ザル 保管 Colander

9月5日(土)のことです。 猛暑の夏も終わりそうになった頃でしょうか。サン婆ーちゃんに乗って帰ってから 荷台に取り出したのは薄いビニールシートのロールです。在庫品です。

大鋸屑堆肥作り カブトムシ成虫 Making composted Sawdust

8月30日(日)のことです。 久しぶりに、と言っても定期的にやっているつもりなので 2週間ぶり位だと思うのですが、大鋸屑堆肥作りをしました。

竹炭を使う 焼けて来た Using bamboo charcoal

8月29日(土)のことです。 この日も土曜日ということで、前日に肉を買っておいての予告焼肉ということに しました。沢山有る竹炭を使う、燃料として使い慣れるというのが

何か焼く 施工完了  Baking something over charcoal

8月22日(土)のことです。 まだ熾きが沢山残っている。勿体無いなぁ。何か焼く物無いかなぁ。 そう言っておいてから振り返ったら、ひらひらと飛ぶ蝶を発見。

竹炭での焼肉 フライパンで Grilled meat using bamboo charcoal

8月22日(土)のことです。 前回の竹炭での焼肉、上手く出来たと思うし、割と好評だったので 二回目を企画しました。炭での焼肉は直ぐには焼き始められないので

夜干し 梅酢に Dried overnight

8月17日(月)のことです。 仕事から帰ったらロウバイの鉢がショッキングな状態でしたが、その後 実家に行って、夜干ししていた梅干しを取り込むことにしました。

太陽さんと梅干し このまま夜も Great Sun and pickled plums

8月16日(日)のことです。 天気予報通りのカンカン照り三日目です。 この太陽さんとのセッションは梅干しだけでは勿体無い。

土用干し、2日目 カンカン照りの中 Drying the plums in the sun in midsummer Second

8月15日(土)のことです。 梅干しの土用干し、2日目の様子についてです。 快調に晴れが続いていますが、この日も午後からの干し作業になってしまいました。

梅干しの土用干し 家の中へ  Drying the plums in the sun in midsummer

8月14日(金)のことです。 これから3日間は晴れが続くという予報だったので、梅干しの土用干しを 開始することにしました。朝からは出来なかったので午後一番の開始となりました。

大鋸屑が沢山貯まって来た 2週間に一度位 A lot of large sawdust has accumulated

6月28日(日)のことです。 このところ屑薪入れを移設して、大鋸屑堆肥の完成品置き場を 作ったりしてきたのにはもう一つ理由が有りまして、

大鋸屑堆肥の完成品置き場 ミミズが Storage place for finished products of large sawdust compost

6月28日(日)のことです。 前日に屑薪入れを移設して出来たスペースについてですが 隣に有る大鋸屑堆肥の完成品を置いておく所が必要だと

赤紫蘇集結 全部隠れて 梅干し作り(紫蘇編) Gathering the leaves of red perilla

6月27日(土)のことです。 梅干しを漬けている樽の中に入れる赤紫蘇の葉ですが、洗った後の乾燥中だったので 食後に引き取りに行って来ました。

赤紫蘇の葉を摘み取り 太陽さんに乾燥を Picking leaves of red perilla

6月27日(土)のことです。 ミニトマトの初収穫を行った後で、赤紫蘇の葉を摘み取りました。 梅干し用です。梅干しを3kg漬けたのでそれに見合った量の紫蘇の葉を

100均フロス 再考です Floss sold in Hyakkin

6月21日(日)のことです。 歯磨きの重要性について、もう間もなく死ぬ様な工程になってからやっと気が付いた そんな感じの私なのですが、その方法としてフロスなるものが有ることを

梅干しを漬ける 1週間待つ Making umeboshi

6月20日(土)のことです。 朝一番に残りの梅を採って準備は整ったので サン婆ーちゃんに梅と漬物セットを積んで、いよいよ梅干しを漬けることにし

梅の実採りから まだ青い梅も By picking plum fruits

6月20日(土)のことです。 今年、初めての梅干し作りをする日となりました。 梅の実がまだ足りていないので、まずは梅の実採りから始めます。

梅の実 そんな気配 Plum fruit

6月14日(日)のことです。 先週から見ていると、風が強いせいか梅の実が沢山落ちています。 梅干し作りを来週末に、と考えているのですが、落ちているものでも

先に空になっては困る 奥へ移動して Trouble is empty earlier than

5月10日(日)のことです。 前日に続き、欅の椅子を削ることにしましたが その前に、チェンソーのオイルの残りをチェックしてみたところ

椅子を削ってみる 一段締めておこう Try to scrape the chair

5月9日(土)のことです。 ハスク339xpのオイル吐出調整も今回は自分でやってみたし この日は朝から丁度雨模様だし、こんな日には持って来いの

沢山の大鋸屑が リセット A lot of sawdust

4月19日(日)のことです。 薪割り小屋の屑薪も片付いたので小屋が綺麗になりました。 薪割り小屋としてはこれで好いのですが、沢山の大鋸屑が溜まり

防草シート 楽になる Anti-weed sheet

3月14日(土)のことです。 雨が上がった午後、材料を購入して準備しておいたので サン婆ーちゃんの荷台に積み、出掛けることにしました。

現場で出たゴミ これだけ残して Waste generated at work

2月29日(土)のことです。 「現場で出たゴミ」と言えばそうなんですけど 捨てればゴミ、生かせば資源 とも言いますから

スライスして干して 取り込んで Slicing and drying

2月24日(月)のことです。 蒸かしたサツマイモが冷めた頃を見計らって スライスして干して、干し芋をつくろうと

干し芋作り 消火して Making dried potatoes

2月24日(月)のことです。 今年は暖冬で大丈夫だったなぁ、なんて安心していたら そうでも無かったことに気が付きました。

干し芋のその後 乾燥不足 Dried potatoes are after that

1月1日(水)のことです。 干し芋のその後ですが、ちょっと食べてみました。 特に美味しくてたまらない、という程では無いのですが