読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

このシリンダーを生かし切るには to take advantage of this cylinder as much as possible

f:id:inakatano2:20151222201830j:plain

12月20日(日)のことです。

いよいよ薪割り機の試運転調整最終段階

実際に薪割りをしてみようと思いますが

 

例の桜の木はわりと太いので 最初はもっと細いのを

割ってみることにしました。

カブトムシ幼虫ハウスの隣に置いてあった玉切りの中から

細めのものを集めてみました。

 

f:id:inakatano2:20151222201956j:plain

まず最初に選んだのは10cm以上有る樫(カシノキ) 

細い様ですが

それなりに堅いです 名前からして堅い木と書く位ですから。

f:id:inakatano2:20151222202129j:plain

割れるまでは力が入るけど割れ始めれば一気に

f:id:inakatano2:20151222202430j:plain

カーン ガシャーン

と跳ねた木がシャッターを叩きました

f:id:inakatano2:20151222202550j:plain

小さいながらもこんな傷が付く位だから 体に当っていたら相当痛いはず

割れ方にビックリしていましたが

私の作った薪割り機でちゃんと割ることができた

記念すべき瞬間でもありました。

それではと

f:id:inakatano2:20151222202632j:plain

次は15cm程の椎の木

f:id:inakatano2:20151222202706j:plain

これはグシャっていう感じ

スパッとは割れません 粘りが有るというか

f:id:inakatano2:20151222202808j:plain

次はモチノキ

これは年輪が詰まっているし節が多いので割れ難いのですが 

流石のパワーです。

f:id:inakatano2:20151222203002j:plain

ケヤキは堅いんだけど割れればスパッと 

おやっ 幼虫が出て来ました。

f:id:inakatano2:20151222203049j:plain

結構大きく育った日本玉虫の幼虫でした。

f:id:inakatano2:20151222203127j:plain

結構調子良く割ってきたけどそれなりに不具合も見えてきました。

f:id:inakatano2:20151222203226j:plain

凄いパワーでボルトを引っ張るもんだから

割れた瞬間に縮んで戻るのか

ナットが緩んできました。

f:id:inakatano2:20151222203355j:plain

もう一度締め直して赤いマジックでマーキングしておいて

f:id:inakatano2:20151222203427j:plain

割る台の幅としてはこれくらいの幅が有るのは有効的だと思われます

f:id:inakatano2:20151222203530j:plain

スライドガイドも有効に効いている様です。

f:id:inakatano2:20151222203615j:plain

これはまた先程のモチノキよりも少し太いやつ

これは割ることが出来なかった 

というよりも割ることを止めたと言った方が良いかも知れない

そのまま押して行くと何かが壊れそうなパワーを捻り出さないと割れない気がしました。

 

f:id:inakatano2:20151222204018j:plain

後方のシリンダー押さえを見てみると

膨らんでいる

曲がってしまった

f:id:inakatano2:20151222204058j:plain

あれだけ厚いLアングルが二重になっているのにそれが折れ曲がっている

それ程20トンの油圧シリンダーというやつのパワーは凄い

私のパワーの常識を遥かに越えたもので有るらしい

f:id:inakatano2:20151222204238j:plain

それなりに割ることは出来ましたが

あの桜の木を割ってみようという気にはなれませんでした。

f:id:inakatano2:20151222204357j:plain

この薪割り機ではこれ以上太い玉切りは割ることができないと判断しました。

このシリンダーを生かし切るには

もう少しちゃんとした工業製品を作るしか無いようです。