読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

割とスンナリと Surprisingly smooth

薪割り機製作

f:id:inakatano2:20151120204001j:plain

11月15日(日)のことです。

エンジンと油圧ポンプの軸を接続する為の

組み立て式取付け金枠 自分で溶接やろう

 

と決めました。

 

溶接は一応できるんですが

それとちゃんとした技術が有る とは別の話

溶接は恐ろしい

接着剤で二つの物をつなぐのとは訳が違う

二つの物を共に溶かして一体化させる作業です。

そしてその後は収縮が行なわれるのです

縮む。

ですから

一度にたくさんの長さの溶接をしてはダメ

スポット的に点で溶接し

均等な収縮をさせていかないと

ネジレたり反り返ったりしてしまうのです。

理屈は分かっていても

技術でできるかは別物

そこが今回の一番のポインでした。

均等な寸法で溶接前の固定はできても

溶接して最後にその均等な離れが維持できるか

いきなり0.5mm縮まりました 

85.5mmが85.0mmに

f:id:inakatano2:20151120204232j:plain

こちらは85.0mmを切ってしまいました。

f:id:inakatano2:20151120204328j:plain

84.9mmくらいか

目標を85.0mmにして溶接を続けました。

f:id:inakatano2:20151120204442j:plain

こちらは85.0mm

f:id:inakatano2:20151120204511j:plain

大きな狂いは無かった様で安心して外してみることにしました。

f:id:inakatano2:20151120205322j:plain部分的なスポット溶接 仮溶接できました。

やはり気になるので

f:id:inakatano2:20151120205537j:plain

早速取り付けて見ました

f:id:inakatano2:20151120205610j:plain

割とスンナリと入ってくれたのでほっとしました。

大丈夫じゃない? これなら。

本溶接をする前に

f:id:inakatano2:20151120205721j:plain

今あるパーツを全て組み付けて配置して見ました。

不足材料をチェックして

加工して貰う高圧配管の長さを測って

それぞれ注文しようと思います。

やっと峠が見えて来た そんな感じでしょうか。