読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

たくさんの竹を使って 薪割り小屋兼薪小屋を by using a lot of bamboo wood splitting hut and woodshed

f:id:inakatano2:20160130202903j:plain

3年前のことです。

薪割り小屋兼薪小屋を建てた時の記録

その三回目

 

13日目となります(3月9日)。

向かって左の柱に斜めから支えの柱を設置しようとしています。

向かって右の柱は建物の梁に固定してあるので良しとして

左への力が掛かった時の備えにしようと思いました。

f:id:inakatano2:20160130203200j:plain

動滑車を使っているようです もう忘れてしまいましたが

一人の力では非力を感じたのでしょう

f:id:inakatano2:20160130203320j:plain

何とか支柱の固定まで終わって

f:id:inakatano2:20160130203422j:plain

夕方には完成

これで左右からの風の力に対して大丈夫と思われます。

 

それにしてもたくさんの竹を使っていますのでその竹のことに関して少し

f:id:inakatano2:20160130203811j:plain

竹はサン婆ーちゃんで運ぶのですが長いものだと6mくらい有ります

竹をそのまま載せると竹が地面につかえて走行できません。

その為 荷台の後を高く上げてやる必要があります。

その台を作成しています 有り合わせの材料で。

f:id:inakatano2:20160130204056j:plain

出来上がりましたので載せてみました。

f:id:inakatano2:20160130204157j:plain

使用状況はこんな感じ

f:id:inakatano2:20160130204327j:plain

竹の伐採が進み 竹藪がだいぶ明るくなりました。

f:id:inakatano2:20160130204412j:plain

竹藪が生き返るし切り出した竹が使えるしで言うこと無しです。

f:id:inakatano2:20160130204601j:plain

竹を炙る為のかまどを作りました。廃材利用です。

f:id:inakatano2:20160130204754j:plain

煙突を付けてみました。

煙突の効果は薪ストーブでしっかりと勉強させて頂きましたから。

f:id:inakatano2:20160130204820j:plain

着火

f:id:inakatano2:20160130204846j:plain

火の管理と作業性が良くなった記憶です。