読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

人形祭 完璧な少子高齢社会 The doll festival Complete low birthrate and aged society

f:id:inakatano2:20160827183917j:plain

8月21日(日)のことです。

祭り(格式を重んじて呼ぶとすると例大祭)もいよいよ最終日となり

まあ大荒れの天気とかにならなくて良かった訳ですが

 

暑いです 今日もまた

f:id:inakatano2:20160827183939j:plain

今日は人形祭と言われて

神社の参道にこうして飾られいたお人形さんですが

f:id:inakatano2:20160827184030j:plain

このお人形さんが主役の行事

昔からのお話ですから 豊作を願ってのことでしょうから

稲穂を持っていらっしゃいます

f:id:inakatano2:20160827184148j:plain

この方(人形)が町まで降りて行かれて

いつもの年なら人形さんだけなのに 

今年は人集めに今流行り?のよさこいダンスチームを呼んじゃったみたい

何とか賑やかにしたいとの思いかららしいです

f:id:inakatano2:20160827184218j:plain

本来ならばこんな感じなんです 例年は

地域の方々だけのしゃぎり保存会と担ぎ手の人達

f:id:inakatano2:20160827184245j:plain

しゃぎり保存会の方々を先頭にした列に

お人形さんの後を付いて

この一年前後に生まれた子ども達が神社まで歩きます

という流れの行事となっております。

神社では神主さんが待っていて

上がってきた親と児達に対して祝詞を上げられ

子供の無事な成長を祈念する そんな感じの行事ですかね

最近はこの小さな子供達が少なくて

そういった意味でも人集めに苦労している様です

完璧な少子高齢社会ですから

いなかに魅力が無いから らしいけど

私には魅力が有るのだが...