読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

薪ストーブの出番 マコちゃんもご機嫌 Season of wood stove

薪ストーブ

f:id:inakatano2:20161126164125j:plain

11月23日(水)勤労感謝の日のことです。

気温が急に下がって私が基準としている13℃を一気に下がってきたので 

いよいよ薪ストーブの出番だなと

 

しかし、出しっぱなしのストーブなのでまずは掃除から

f:id:inakatano2:20161126164208j:plain

掃除といっても刷毛でホコリを落とすだけですが

f:id:inakatano2:20161126164247j:plain

今年の春焚いて以来 そのままの内部の灰

f:id:inakatano2:20161126164306j:plain

灰を退けるべきところは退けて

3方は灰を残します

f:id:inakatano2:20161126164924j:plain

仕事で使った不要のA4の紙を丸めて

その上に弁当の割り箸やら枝やら樹皮やら置いて

炊き付け開始

f:id:inakatano2:20161126164947j:plain

何とか着火はした様です

f:id:inakatano2:20161126165024j:plain

少しずつ太目の枝等を投入しつつ

f:id:inakatano2:20161126165047j:plain

少しずつ太目の薪、薪屑を追加していきます

f:id:inakatano2:20161126165319j:plain

炊き付け開始から10分後の様子

f:id:inakatano2:20161126165341j:plain

ストーブの温度がやっと70℃位になりました

f:id:inakatano2:20161126165420j:plain

炊き付け開始から20分後の様子

f:id:inakatano2:20161126165447j:plain

ストーブの温度も150℃を超えてきたので

f:id:inakatano2:20161126165510j:plain

空気調整の為に少し開けていた炊き付け窓を締めます

f:id:inakatano2:20161126165542j:plain

30分後 太い薪屑も入れてどんどん燃やします

f:id:inakatano2:20161126165605j:plain

ストーブの温度も200℃を超えてきました

後はこれを維持しながら部屋の温度の上昇をみながら

薪の投入量と空気量を調整しながら焚いていきます

この日は室温25℃くらいで就寝したのかな?

f:id:inakatano2:20161126165625j:plain

部屋の暖かさを感知したのか

マコちゃんがやってきました

f:id:inakatano2:20161126165647j:plain

背中を丸めてストーブの前に座るマコちゃん

f:id:inakatano2:20161126165710j:plain

ストーブは良く燃えています

f:id:inakatano2:20161126165730j:plain

マコちゃんもご機嫌の様子

f:id:inakatano2:20161128115621j:plain

最終的にはこうなりました。