読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

継ぎ枠を撤去 安心はできません Removing the joint frame

f:id:inakatano2:20161227222410j:plain

12月26日(月)振休の日のことです。

今日は生憎の雨 生憎ですが ミツバチの活性からすると

丁度都合の良い天気 作業性は悪いですが でもやります

 

やる気になった時がやる時 それで良いのだー

f:id:inakatano2:20161227222447j:plain

何をやるかと言うと

ちと巣箱の高さが高過ぎるので

継ぎ枠を一つか二つ撤去するつもりでスタート!

f:id:inakatano2:20161227222518j:plain

観察用の蓋をはぐると

見たくもないハチノスツヅリガの幼虫がうようよといました

f:id:inakatano2:20161227222554j:plain

巣の中の様子をみてみる 蜂はそれなりに居る 

でも冬にしては無駄な空間が広過ぎるんだよなぁ

部屋の温度調節をするのに無駄なエネルギーを使わないといけないのでは無いだろうか?

という老婆心から継ぎ枠の撤去を考えた訳です。

f:id:inakatano2:20161227222658j:plain

例によってレバーホイストで吊り上げて

f:id:inakatano2:20161227222720j:plain

継ぎ枠を一つ抜く

その前に巣を覗いてみました

それなりにたくさんのミツバチが居ました。

一つ継ぎ枠を抜いて、いざ下げようとして

レバーホイストの操作をしていると、その時

f:id:inakatano2:20161227222749j:plain

事件が起こったのでした

f:id:inakatano2:20161227222813j:plain

レバーホイストを掛けていたカラー鉄線が外れて

巣が一気に落ちてしまいました 

突然ガタンという音と共に

20cm落下してしまった

下の枠に乗っかったのは不幸中の幸いか

f:id:inakatano2:20161227222839j:plain

一応は綺麗に乗っかったがその大振動に

ミツバチ達は大騒ぎ 

こうなったらもう近寄れません!

しばらく放置してから枠を修正しておいたけど

巣箱の中で巣が落ちていないだろうか

女王に不幸は無かっただろうか

心配になったけれど

結果が分かるのは次回の気温が上がった時

ミツバチ達の活性をみることことで判断したいと思います。

 

と思っていましたが

どうも気になってしょうがないので

12月29日に覗いてみました。

f:id:inakatano2:20161230214346j:plain

一応問題無さそうですが

女王さんの無事は確認できていませんので

安心はできません