読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

素人の浅はかさ Shallowness of amateurs

f:id:inakatano2:20151119205803j:plain

11月15日(日)のことです。

どうすべきか この二週間悩み続けてきました

今日がリミット 結論を出さなくては

 

エンジンと油圧ポンプを接続する為の金枠

自分で溶接するのかそれともプロに依頼するのか

頻度としては二度と無いくらい滅多にしか無いこと

失敗したら二週間くらいは完成が遅れるかもしれない

失敗すれば費用もさらに掛かる

できれば安全パイでプロにお願いするのが普通だろう

でも出来れば自分でやってみたい

出来るかどうか その見極め

今からするのはその結論を出すこと。

 

自分でするとしても写真の様な溶接する為の準備が必要でした。

これでも足りない又はプロはもっとしっかりと固定してするのかも知れない。

 

f:id:inakatano2:20151119211125j:plain

兎に角完全な四角柱を組み立てる必要があります。

二枚のプレートの離れを測定すると一方は85.7mm

f:id:inakatano2:20151119211924j:plain

反対側は85.5㎜

これくらいなら何とかなるかも

 

一週間前までは今から思えば笑える程甘い考えだった

f:id:inakatano2:20151119212049j:plain

最初はこれだけ

マグネット定規2個で溶接して出来るつもりだった。

でもだんだんと不安になり

きちっと固定してやらないとダメだろう と思うようになり

冶具を購入し揃えました。

 

そして届いたパーツもお世辞にも精度が良いとは言えない代物だった。

f:id:inakatano2:20151119212341j:plain

送られて来たパーツはこれだけ

説明書も何も無い

技術さえ有ればできる 出来ないのは腕が悪いだけさ と言わんばかり

言ってしまえばそうなんだが...

f:id:inakatano2:20151119212514j:plain

仕事でいつもお世話になっている鉄工所の社長に

ちょっと見て貰って確認したところ こちらが裏側

f:id:inakatano2:20151119212601j:plain

この切断面が鋭利で綺麗な方がおもて面ということらしい

そのおもて面できちっと寸法が出ているものらしい。

そこまでは分かったが...

やはりプロにお願いすべきだろうか

f:id:inakatano2:20151119212722j:plain

ではこちらはどうだ

これは柱になる部分

この精度でどうやって垂直、平行をキープできるというのか

f:id:inakatano2:20151119212840j:plain

苦しい仕上がりにしか見えないが

この与えられた状況で何とかするしかない

自分には出来ないと判断すれば プロに頼むしかない

 f:id:inakatano2:20151119213015j:plain

試しにと適当に組み合わせてみたら

それなりに均等な間隔の四角枠ができてしまった

案外案ずるより何とかなのかもしれない。

f:id:inakatano2:20151119213116j:plain

3本の柱の加工品は

精度は悪いが悪いなりに悪さが揃っている 変なところで感心してしまった。

f:id:inakatano2:20151119213235j:plain

もう一度組み付けてみた

f:id:inakatano2:20151119213300j:plain

寸法をあたってみると一方は85.5mm

f:id:inakatano2:20151119213331j:plain

反対側も85.5mm

どうも締め付け具合で5mm位はいくらでも調整できるようだ

本当はそこが危ないところだったのだが 

そこが

素人の浅はかさ

出来るのではないか 自分でも 

などと思ってしまったところで

鉄枠溶接チャレンジ検討編=鉄枠パーツ組み立てまでー前編ー