読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

尺取虫又は七転び八起き方式  in a measuring worm or full of ups and downs system

f:id:inakatano2:20150203211344j:plain

1月31日(土)のことです。

萱の草刈りをした後

桧の間伐をし

 

その後以前間伐した杉の木も

合わせて持ち帰りました。

先ずは間伐から。

1本目は真ん中の桧です。

f:id:inakatano2:20150203211940j:plain

切って押しますが倒れません。

傾いてはいるのですが

天辺の方でほんの少し枝葉が引っかかっています。

この木の向こう側へ行ってみようとしたその時

 f:id:inakatano2:20150203212324j:plain

 オッと危ない!!

私の方が滑って倒れてしまいました。

f:id:inakatano2:20150203212454j:plain

こんなに倒れかけているのですが

もう一押しのパワーが無い様です。

どうしても倒れない時は

こんな物を使ってみようと思います。

f:id:inakatano2:20150203212534j:plain

インパクトバー

楔を打ち込む棒ですが

小さい木なら

ブレーキングバーとしても使えます。

テコの原理応用です。

北欧の木こりさんはこんな物を使うんですね。

f:id:inakatano2:20150203212554j:plain

すぅーと倒れてくれました。

その瞬間です。

f:id:inakatano2:20150203212612j:plain

まずまずの切り口ですが

倒れなかったので切り過ぎて

ツルの残りが少なすぎます。

伐倒桧の枝を降ろして処理完了。

 

これから木を運び出します。

持ち帰るのは全部で3本。

1本は軽トラの横まで先週下ろしています。

今日は2本下ろします。

その運び方ですが

 

萱を刈ったあの橋を渡った先で

f:id:inakatano2:20150203213047j:plain

担いできた木を投げ出したところです。

これからこの土手を降りて行きます。

尺取虫又は七転び八起き方式

下まで約30m位運ぼうと思います。

担ぐ必要は無いので楽な方法を考えました。

これを真直ぐ起こして、立てたらそのまま下へ倒す

それを繰り返して下まで行かせます。

f:id:inakatano2:20150203213110j:plain

木を立てる様にして起こしては倒し

まるで尺取虫が進む様に

又は

何回転んでもまた起き上がって進む様に

どちらでも良いんですけど

f:id:inakatano2:20150203213224j:plain

ここまでやって来ました。

f:id:inakatano2:20150203213322j:plain

持ち帰り準備完了。

尺取虫又は七転び八起き方式

大成功の作戦だった、けど

今日はもう1本伐倒したんですがその時

ちょっとしたトラブルがありました。

その話はまた明日。