いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

栽培

気になるもの 落ちたり、折れたり Anxious thing

6月8日(土)のことです。 朝、ミツバチ達の様子を見に行った時のこと 栗の花がたくさん落ちていたのですが、それはまぁ当然のこと

摘穂 摘粒を進めていこう Picking ears

6月1日(土)のことです。 色々と雑用が多くてピオーネの傍を毎日の様に通ってはいるのですが 見てみない振りみたいな感じでやり過ごしてきました。

その後どうなっているのか 悪いかもしれない After that, growing up?

6月1日(土)のことです。 入梅が遅れるでしょうか、今年は。5月に植えたミニトマトやサツマイモが その後どうなっているのか、見てみました。

陽射しも柔らかくなってきた頃 東の夕空と海 When the sunlight became soft

5月26日(日)のことです。 夕方、陽射しも柔らかくなってきた頃を見計らって 藻の回収に出掛けました。

苦労した原因 ストレス無く Cause of hardship

5月25日(土)のことです。 早朝に刈り採った藻を引取りに、夕方出掛けようと思っていたのですが その時に再度藻を採ろうと思っていました。ですが早朝にやってみて分かった

赤いポピーの花 そんなことはないか! Red poppy flower

5月25日(土)のことです。 夕方の部、動き出す前にミニトマトの様子を見たりしていたら 通路に生えた赤いポピーの花が見事な色をして

藻を採りに 夕方回収に For harvesting seaweed

5月25日(土)のことです。 先日、町内の運動会に出かけた時に久し振りに海を見たのですが 藻がたくさん波に揺られているのを見て、思い出しました。

黄金生姜 発芽してくれよ~

5月19日(日)のことです。 最近の悩めることなのですが、右足指周りだけが冷たいのは何故? 今は時節柄そんなに極端に冷たいとは思わないのですが

葡萄ピオーネ スッキリと Grape Pione

5月18日(土)のことです。 今年は春になっても寒い日が続き、なかなか春らしい気分にもなれず まだかまだかと暖かい日が来るのを待っているのが多かった様な気がします。

ロウバイの種 御の字 Lobai seeds

5月18日(土)のことです。 3月12日にロウバイの種を植えておいたのですが、 それがやっと発芽が揃ったというのか

鳴門金時苗 必須作業 Naruto Kintoki seedlings

5月14日(火)のことです。 週末に購入していた苗が元気が無かったので水を吸わせておいたのですが やっと土に植えても良さそうかな という状態になってきたので

サツマイモを育てよう 花を残して刈った雑草 Growing sweet potatoes

5月12日(日)のことです。 サツマイモを育てようと思ってツル苗を買ったのですが その外に、サツマイモ苗も面白そうなので買ってみました。

食べたい物を作る 土の乾燥防止 Growing the crops that I want to eat

5月11日(土)のことです。 去年は何故か畑作業を全くやらなかったのですが、 それもちょっと寂しい気がしたので、今年は少しだけですが

どこかで見掛けた様な あの二人ではなかろうか Feeling that I met somewhere

4月14日(日)のことです。 台所で何気なく、空模様を見ようと窓から外を覗いた時に 彼らが私の視線に入って来ました。

作業台 5月一杯くらいまで Workbench

4月6日(土)のことです。 やっと暖かい感じの週末になりましたので 椎茸のホダ木を作ることにしました。

枯れました 生える? Dead

4月6日(土)のことです。 家の入り口付近に植えていたミモザアカシアが枯れました。 去年の大雪とその寒波に因る被害でした。

乾燥する このままに Dry

3月24日(日)のことです。 前日の夜は雨が降ったのでその影響がどれくらい有るのか 気になったので調べてみました。

彼岸の中日 お裾分け The equinoctial day of Higan

3月21日(木)春分の日のことです。 春分の日と言えば彼岸の中日、親戚廻りは午後からということにして 午前中はあれこれバタバタとしていました。

大鋸屑堆肥の置き場所 維持してみよう Place for sawdust compost

3月17日(日)のことです。 あれから2週間が経つので何とか都合を付けてやってしまおう 大鋸屑堆肥のその後の確認と切り返しはいつものことで

栗の木の剪定 施肥 Pruninging chestnut trees

3月10日(日)のことです。 前日の晴れが嘘の様な天気で、朝から雨が降っていました。 まずは鋸の目立てをしたので小雨の中、栗の木の剪定をしておくことにしました

思いたったが吉日 しばらく放置して There's no time like now

3月9日(土)のことです。 ふと思い出してから、もう3月、春だし遅いくらいだけど 思いたったが吉日と言う言葉も有るし、と自分に言い聞かせ

腐るほど 11月末頃に Very much

3月3日(日)のことです。 最近は椎の木ばかり伐採しているので 椎の木の枝は腐るほど有る で今回の枝はどうするか?

この崖を 帰りついて From this cliff

2月23日(土)のことです。 コナラの伐木と枝を整理して持ち帰る準備までしたところで休憩に入りましたが いよいよ山頂から道路に停めているサン婆ーちゃんの所まで運ばないといけない

コナラを引取りに 後は山を下ろすだけ To take Konara woods home

2月23日(土)のことです。 伐木したままになっているコナラを引取りに山へ行くことにしました。 午前中に石が足らなくなった砕石敷きの補充用にソウキと熊手も積んで

今年初めての 今後の収穫 This year's first

2月23日(土)のことです。 いよいよ今年初めての椎茸の収穫をしてみようと思いました。 これくらいの大きさなら良いのではないでしょうか ということで。

最近は雨の日 湿らせてくれていた Recently a rainy day

2月17日(日)のことです。 最近は雨の日が割りと多く、昨日も雨に降られたばかりだったので 椎茸のホダ木を確認に行くと何やら好い感じの雰囲気

攪拌 山盛りに復旧 Stirring

2月11日(月)建国記念の日のことです。 夕方になって大鋸屑堆肥を攪拌しておくことにしました。 ついでに生ゴミっぽい物も溜まってきたので

雨で濡れているのか 濡れて欲しい Wet with rain?

2月11日(月)建国記念の日のことです。 午前中は大丈夫と思っていたのに朝から雨って 予定が狂ってしまい、どうしようかと思ってうろうろ

ホダ木置き場 大きくなれよ Hoda trees storage space

2月9日(土)のことです。 そろそろ椎茸が出て来る頃、ということで シイタケのホダ木置き場を覗いてみることにしました。

葡萄の剪定 いや再来年の Pruning grapes

2月9日(土)のことです。 この日は寒くなって雪では無く雨になったので 朝からゆっくり薪ストーブで暖まりながら