いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

日本蜜蜂

防寒対策 くわばらくわばら Cold protection measures

12月11日(月)のことです。 北風に雪がちらつく様になってきました。 ミツバチの巣箱を見ると寒そうなので

変 下にも Strange

12月9日(土)のことです。 天気は雨 寒さも強くなり 外仕事はほとんどできません。

必要だから 屑薪の取り込み Because it is necessary

11月18日(土)のことです。 ミツバチ達は 雨だしねぇ 寒いし

頻繁 弾丸みたい Frequently

11月3日(金)のことです。 朝から天気は良かったので気温も上がり ミツバチ達は元気に活動していました。

台風一過 セイタカアワダチソウ A clear sky after a typhoon

10月23日(月)のことです。 台風一過の朝、起きて最初にチェックしたのは ミツバチ達の巣箱

垂れ蜜 9月の採蜜量 Drippig honey

9月26日(火)のことです。 24日(日)に垂れ蜜作りを開始したので もう垂れるのも限界と判断して蜜の瓶詰めと

垂れ蜜つくり 気長に Dripping honey

9月24日(日)のことです。 今日は天気も好いので昨日採蜜した巣を元に 垂れ蜜つくりを開始することにしました。

完全防備 邪魔をする Complete defense

9月23日(土)のことです。 やっとの思いで採蜜と継ぎ枠挿入をすることにしました。 今度は蜂に刺されない様に完全防備です。

羽音 間違いない The flapping

9月23日(土)のことです。 紫蘇の傍を歩いていたらここでもまた 羽音が聞こえました。 どちらかなと

明日から台風 何もしないより A typhoon is coming tomorrow

9月16日(土)のことです。 明日から台風がやってくる、しきりに台風のニュースを 繰り返しています 今度は結構大型の様です。

招かれざる客 Uninvited guests

9月10日(日)のことです。 最近、気候が穏やかになったところで 色々な活動が活発になっている様ですが

エキストラクター出動! 痒いだけ Extractor came!

9月3日(日)のことです。 ちょっと軽く考えていました。 ミツバチの巣箱の中の観察写真撮りのことです。

巣の中のチェック いかん! Checking inside the nest

9月3日(日)のことです。 7月の初旬に巣箱の継ぎ枠と採蜜を行ないましたが あれからもう2ヶ月近くになります。

捕獲 逃げられて Catching

9月3日(日)のことです。 今日もミツバチ達は警戒と威嚇を怠らず そして育児もせっせと行なっている様子

神社の自然巣 複雑な形状 Natural nests near the shrine

9月2日(土)のことです。 お昼過ぎに神社の自然巣が気になって行ってみました。 ひょっとしたらキイロスズメバチにもうやられてしまって

普通にして 負けません! As usual

9月2日(土)のことです。 緑門の設置をしてからその後の様子を見てみようと 12時頃に覗いてみました。

赤門の上に 新防衛体制 On the red gate

9月2日(土)のことです。 9月に入って何だか残暑が消えたというか 朝夕はだいぶ涼しくなりました。

専守防衛体勢 自然巣 Dedicated defense system

8月20日(日)のことです。 我が家のミツバチ達の様子は 今日も相変わらずの専守防衛体勢でした。

鉄の門 残り物 The iron gate

8月19日(土)のことです。 オオスズメバチ対策としてはステンレスのネットを 巣門に取り付ける方法を以前はやっていたんですが

夏の終わり ぶら下がって The end of the summer

8月19日(土)のことです。 キイロスズメバチはミツバチを一匹ずつ捕まえます。 そして近くの木に停まってある処理をしてから

再登場 準備 Re-appearance

8月16日(水)のことです。 キイロスズメバチはあれからもう毎日 一日に何回来てるんだろうか、と思う程

好奇心 熱中症対策 Curiosity

8月5日(土)のことです。 この日も朝から暑かったです。 ミツバチ達も暑いだろうなぁと思って行ってみると

漁夫の利 日常茶飯事 Profiting while others fight

8月2日(水)のことです。 会社から帰ったらまず ミツバチの様子を覗いてみるのですが

アブ 奇襲 Botfly

8月1日(火)振り休の日のことです。 朝からどんどん気温が上がり 折角の振り休の日なのに家の中で休憩するだけなのか

キイロスズメバチ はっきり確認 Yellow hornet

7月29日(土)のことです。 こうして巣の外で蜜を吸うという様な仕事をするのは ミツバチにとってはとても危険なことだと思われます。

歓迎されないあいつ チームプレイ Who is not welcome

7月29日(土)のことです。 例年だと8月に入ってからだと思っていました。 でも今年は暑さも異常だし、蜜の残った巣も置いているし

団子状態 熱殺 Dumpling state

7月23日(日)のことです。 垂れ蜜作りで発生した蜜が残っている巣を ミツバチがまだ食べているかなぁと見に行った時のこと

焼け石に水 本能? Just a drop in the bucket

7月22日(土)のことです。 夏の暑さも日に日に増している感じです。 ミツバチ達は巣の温度は35℃を基準にしているとか

暑い日が続く 残業 Very hot these days

7月15日(土)から20日(木)のことです。 最近暑い日が続くのでミツバチ達も巣の温度管理が 大変難しいだろうなぁと思ってみています。

垂れ蜜作り 待つだけ Dripping honey

7月16日(日),17日(月)のことです。 7月9日(日)に採蜜したものを使って 垂れ蜜作りをすることにしました。