いなかを楽しむ生活2 Life Enjoying Country

都会を真似ない 夢見ない 妬まない いなかを受け入れて 楽しむ生活の記録です

日本蜜蜂

垂れ蜜を終る 上げなければ Finishing the honey dripping

11月5日(月)振り休の日のことです。 もうじき薪ストーブを焚く時期になるので早くしないと 邪魔だからということで垂れ蜜を終ることにしました。

ミツバチ達も元気 あれから1ヶ月程 Honey bees also actively

11月4日(日)のことです。 この日も穏やかな秋の好天気に恵まれ 外での作業もウキウキでできました。

爆発している 午後も同じ様に They have exploded

10月22日(月)振休の日のことです。 10月になって秋になってミツバチ達にとっては 活動し易くなったのか、最近ではずっと爆発している

枯れそうな巣 垂れ蜜作り A dying nest

10月11日(木)振休の日のことです。 天気が良くない日には何とか内仕事を選んでしなきゃ ごろごろして一日が終っちゃあ勿体無いのでねぇ。

採蜜、継ぎ枠挿入 キイロスズメバチがやって来ました Collecting the honey and inserting the joint frame

10月1日(月)振り休の日のことです。 夕方4時半になりました。あまり遅くなり 暗くなってしまうと作業性が悪くなるので

そろそろ採蜜 できるだろうか? Collecting soon honey

10月1日(月)振休の日のことです。 夕方3時頃でしたがまだ暖かいので ミツバチ達も活発に活動しているのですが

2匹で狩 私のルール Hunting with two

9月17日(月)敬老の日のことです。 ミツバチ達の様子を見に行ったところ やけに騒々しいなぁと思って見てみたら

朝から元気 悪い癖 Fine since morning

9月16日(日)のことです。 朝から元気良く出入りしているね と思って観察してみると

一雨毎に涼しくなり それではそろそろ Getting cooler with each rain

9月10日(月)振り休の日のことです。 いつまで続くのかと思われた今年の酷暑 9月に入り最初の1週間は暑い日も有ったけど

狩 そんな関係 Hunting

9月3日(月)振り休の日のことです。 夕方、ミツバチ達の様子を見に行くと キイロスズメバチが一匹、狩に来ていました。

ツルツル バリバリ

9月2日(日)のことです。 赤門、緑門を設置した2日後のことです。 雨も上がり、気温も丁度良い感じに下がってきました。

キイロスズメバチの季節 これで安心 The appearance of a yellow jacket

8月31日(金)のことです。 プレミアムフライデーということで いつもより早く帰宅できたので

巣落ち防止棒 合計3個 Bar to prevent the nest fall

8月18日(土)のことです。 神社の行事の合間が少し有ったので、巣枠を挿入する準備として 巣落ち防止棒を入れておくことにしました。

ミツバチ達の活性 活発とは言えない Activity of bees

8月17日(金)のことです。 最近どうもミツバチ達の様子がおかしい、あまり元気が無い この酷暑はミツバチ達の活性をも鈍らせているのかもしれない、今朝もこんな感じで

昆虫も一緒 油売ってる Insects too

8月5日(日)のことです。 今日も一日暑かった訳で それは人間も動物も昆虫も一緒のこと

台風が来る来ると 欲しかったのに Apparently, there is a typhoon coming

7月29日(日)のことです。 台風が来る来ると警戒ばかりとなってしまいました 来なくて良かったと言えばそうなんですが。

和霊さん 輪番制 Warei jinja Shrine

7月23日(月)振り休の日のことです。 今年は丁度のタイミングで仕事を休まなくても 出席できて、まぁ良かったんだけれども

蜂蜜を瓶に入れて保管 蜂蜜の糖度考察 Keep honey in a bottle

7月22日(日)のことです。 折角のお休みなのにあまりの暑さで外での作業ができないとなって 何か中でできることは無いかと探し

この暑さは異常 誰かの為に Abnormally hot

7月16日(月)海の日のことです。 海も暑いでしょうねぇ きっと。 ミツバチ達も相当暑い思いをしていることでしょう。

取り越し苦労 午後の一時のこと Worried about nothing

7月8日(日)のことです。 昨日までの雨も落ちついてきて 蜜蜂達も元気良く花粉の取り込みをしている様で

継ぎ枠を追加 日付を付けて Adding a frame box

6月24日(日)のことです。 巣枠式のミツバチ達が居なくなってからというもの 毎週定期的にすることが無くなってしまいました。

誰も居なくなった ということは Nobody's gone

6月18日(月)振り休の日のことです。 いつまでも投げておく訳にも行かないので 本心はかまいたく無いのですが

活性が無い 予兆 Not lively

6月4日(月)振り休の日のことです。 どうも様子がおかしい 今日は定例の巣枠式巣箱のチェックの日 最近の蜂の数は少な過ぎる 活性が無い感じ

下段の巣箱 気に入ってはいないかも Lower bee box

5月28日(月)振り休の日のことです。 もう一つの巣枠式巣箱のチェックもしてみることにしました。 こちらの方は気になるのは下段の巣箱が気に入られているかどうか

花粉の持込み 気持ち次第なので Bringing in pollen

5月28日(月)振り休の日のことです。 重箱式巣箱の様子を見ていたら多くは普通に 南の巣門から花粉の持込みをやっているんですが

瓶詰め 便利かな? Bottling

5月22日(火)のことです。 帰宅後、垂れ蜜式で蜂蜜を漉していたのが もう終っていた様なので

定例の巣枠箱 いつか会ってみたい Frame type nest box routinely

5月21日(月)振り休の日のことです。 定例の巣枠箱のチェックの日です。 先週下の段に継ぎ箱を入れたところなので

この手が有ったんだ 78%にはなっていた This method was there.

5月21日(月)振り休の日のことです。 朝の暑い日差しを見て思い付きました。 そうだこの手が有ったんだ!

ミツバチの話 はるか向こう Story about bees

5月14日(月)振り休の日のことです。 お昼頃に田んぼの傍を歩いていたら 今年も一人で米を作っている人を見かけました。

継ぎ箱 2段目を設置 Add-on box

5月14日(月)振り休の日のことです。 兎に角 この日は巣枠式巣箱の継ぎ箱をする予定でしたので 午前中からその準備も終っていたのですがあの分蜂騒ぎ